お金

仕事内容に対して給料の対価が見合わない場合の改善案とは?

 

ツラ井
仕事内容・役割に対して給料が見合わない…

 

仕事が暇なのにこんなにもらっていいのかっていう人がいる一方、仕事が忙しい・責任が重くなる・役割が上がるなどなのに給料が上がらない、つまり対価が見合わないで安いなんてことも多いです。

 

そんな私も役割は5人以上メンバーがいるチームリーダー・プロジェクトリーダーなのに給料が大卒新人と同じくらいと全く見合ってないと不満を思ったことは何度もあります。

 

このページでは、仕事内容に対して給料の対価が見合わない場合の改善案についてお伝えします。
センセー

 

 


スポンサーリンク

仕事内容に対して給料の対価が見合わない場合改善できるか?

まず、仕事内容に対して給料の対価が見合わない場合改善できるかですが、基本的に改善は難しいと思っていた方が良いです。

 

本音をお伝えすると、転職して環境を変えるのが一番はやいですし確実です。

 

以下は私がおすすめする転職エージェントです。

▼ 登録はこちらから ▼

 

ITエンジニア、WEBクリエイター専門の転職エージェントであれば『レバテックキャリア』がおすすめです。

▼ 登録はこちらから ▼

 

転職エージェントに登録することで、様々な情報を得られ視野を広げることができます。

ぜひ活用してみてください。

 

そもそも、仕事内容に対して給料の対価が見合わない場合改善するためには、以下しかありません。

  • 仕事内容に見合った給料まで上げてもらう
  • 給料に見合った仕事内容に下げてもらう

 

とはいえ、給料を増やすことはほぼできないと思った方が良いです。

 

 

仕事内容に見合った給料まで上げてもらう

 

人手不足や時間が足りないなど仕事が忙しい、責任が重くなる・役割が上がって大変になるなど仕事内容がつらくなることはあります。

 

ですが、給料はすぐには簡単に上げてもらえません

 

もし、あなたが歩合制やよほどすごい実績・成果を出せば増えるかもしれませんが、基本的には評価は上がったとしても給料が上がるのは他の社員との兼ね合いもあるためです。

 

私のところでは、以前は年齢により上がっていきましたが、成果主義に変わったものの相対評価で実際は上がる人数が決まっていて順番に給料が上がっている感じでした。

 

それに仕事内容が大変になったとしても、どれだけ稼いでいるか・成果を出しているかもありますし、その仕事内容をしっかりできているかの見極め期間もあるため、仕事内容が大変になったから給料が簡単に上がるわけではないです(業績手当など一時金は出るかもしれません)。

 

ただ、給料を上げたいなら、かなりの実績を出すか、年に1回以上(企業によって回数は異なるが1回が多い)は行われるスキル面談などで、どうすれば上がるかなど聞いたり交渉するのが良いです。

 

個人的には、転職した方が給料が上がる可能性は高いと思っています。

 

 

給料に見合った仕事内容に下げてもらう

 

仕事内容が大変になるパターンは様々です。

仕事内容が大変になるパターン

  • 人手不足など仕事量が多くなった・ハードワーク
  • 責任が重くなり仕事の重要度が増した
  • 役割が上がって管理など仕事の難易度が上がった

 

給料に見合った仕事内容に下げてもらうには、上司に相談するしかないです。

 

正直、自分ではどうしようもないことが多いからです。

 

上司に相談することで職場が異動になって環境が変わることもあります。

 

異動した職場の管理者がしっかりしていれば人手不足がなかったり、仕事量も調整していて給料の対価が見合わないなんて可能性は低くなります。

 

とはいえ、上司に相談すれば必ずしも結果が良くなるわけではないため、個人的には面接時に交渉もできる転職した方が仕事内容に納得しやすいです。

 

 

転職して環境を変える

 

今の環境が今後も変わりそうにない、少しでも仕事にやりがいを感じないなどの場合、正直転職して環境を変える方が手っ取り早いです。

 

転職が当たり前になった時代、IT企業でのキャリア採用は間違いなく給料が上がるといって良いからです。

 

私の場合、29歳で転職活動していた頃、当時の月収は24万円でしたが内定した企業はどこも最低28万円以上でした。もちろん年収も40万円以上アップです。

 

新卒からずっといる企業は特に給料が上がるのが遅いと感じていますので、同じ業界・職種に転職すれば給料が上がるなんてことは珍しくありません。

 

それに給料が安いのに仕事が大変なのは、モチベーション・やる気も上がりませんし、最悪な場合ストレスで病気・うつなど体調を崩すことだってあるほどです。

 

つらいなら転職はありです。不満や不安を抱えて仕事を続けることは、限られた時間の無駄遣いで時間がもったいないです。

 

実績を上げても上司に相談などしても改善の見込みがないなら、転職することをおすすめします。

 

 

転職エージェントを活用しよう!

 

転職活動する上で転職の成功率を高める方法が転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントとは、転職希望者と人材を募集している企業の間にはいってサービスを行う会社です。

 

転職エージェントに登録してプロの専門担当者のサポートを受けることで、転職活動がしやすくなるのは言うまでもありません。

 

転職エージェントを利用するメリット

  • 専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる
  • 転職サイトにはない非公開求人の情報も得られる
  • 日程調整、面接対策、年収交渉、情報量と手厚いサポートを受けられる
  • 費用が無料

 

メリット内で何より、『専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる』というのは、孤独な転職活動者にとって大きな支えとなります。

 

登録は簡単ですし、転職するつもりでいるなら転職の成功率を高めるために利用することをおすすめします。

 

 

転職エージェントに登録するなら?

 

転職エージェントに登録するならおすすめは『パソナキャリア』です。

 

パソナキャリアの特徴

  • 業界トップクラスの実績(求人数5万件以上、転職支援実績25万人)※2018年9月
  • 全業界・全職種を網羅している専任キャリアアドバイザーが在籍
  • 質を重視した転職支援

 

さらにパソナキャリアは、2019年オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」総合1位です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

ITエンジニア、WEBクリエイター専門の転職エージェントであれば『レバテックキャリア』がおすすめです。

 

レバテックキャリアの特徴

  • IT/Web業界に特化している
  • 専門用語はもちろん、最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー
  • 経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートの企業別対策

 

レバテックキャリアは、企業ヒアリングにより求人情報が詳細です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

もし自分一人で転職活動したい場合、転職エージェントでなく転職サイトに登録すれば良いです。

 

転職サイトのおすすめは、全体的なら『リクナビNEXT』、エンジニア向けなら『type(タイプ)』です。

 

登録は以下の公式サイトから可能です(職務経歴書をしっかり登録することでアピールでき効果的です)。

 

 

 

転職するには行動力が大切です。

転職エージェント・転職サイトを活用することで、あなたの転職が成功できるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

転職に悩むあなたへ…自分探しの転職トレーニングサービス!


ポジウィルキャリア

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス。

自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から面接対策までしっかりとトレーニング!

最初のカウンセリングは完全無料!ポジウィルキャリア

 

診断テストで転職力や自分の強みを知る!

転職サイトtypeの転職力診断テスト

typeの転職力診断テストとは、type会員約13万人分の職種別・年齢別経歴データに基づき、『type転職エージェント』のキャリアアドバイザー監修で開発したテストです。

あなたが今転職活動した場合の『予想内定獲得社数』、『予想年収』もわかるのでぜひ受けてみてください。

 

 

リクナビネクストのグッドポイント診断

リクナビネクストのグッドポイント診断とは、適性検査および、回答内容より特性・適性等を分析した結果で、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる本格診断サービスです。

診断に答えることで、18種類の中からあなたの強みが5つ判明します。

 

 

-お金
-,

Copyright© ITサラリーマンの涙 , 2021 All Rights Reserved.