お金

応用情報技術者試験に合格しろと上司がうるさい!とるメリットは?

 

ツラ井
応用情報技術者試験に合格しろと上司がうるさい!

 

IT業界で働くなら誰もが知っている有名な国家資格『情報処理技術者試験』。

 

その中の初級として基本情報技術者試験、中級として応用情報技術者試験は合格しろと、1年に1回以上あるスキル面談などで上司にうるさく言われることもありますよね。

 

そもそも応用情報技術者試験の資格って持っていた方が良いの?って思われるかもしれません。

 

このページでは、応用情報技術者試験をとるメリットやどうするかをお伝えします。
センセー

 

 


スポンサーリンク

応用情報技術者試験には合格しておくべき?

 

応用情報技術者試験には合格しておくべきかですが、合格しないよりはしておいた方が良いですが、必須とも思いません

 

現に上司や先輩でも応用情報技術者試験(旧ソフトウェア開発技術者試験、第一種情報処理技術者試験)に合格していない人は多いからです。

 

確かに会社によっては応用情報技術者試験に限らず資格を取得するメリットがありますが、年齢が若くない限り転職に有利になるわけでもないですし、不合格だとせっかくの日曜日の休日も報われずもったいないです。

 

応用情報技術者試験に25歳以下で合格しているならすごいと思われるかもしれません。中小企業など会社によっては20代でも評価してくれます。

 

ただ、30代以上では何とも思われないことが多いですし、むしろ30代なら上級である高度資格のシステムアーキテクト試験などに挑戦した方が良いです。

 

とはいえ、会社によってはメリットや取得しておいた方が良いのでお伝えします。

 

 

応用情報技術者試験をとるメリットは?

 

応用情報技術者試験をとるメリット・取得しておいた方が良い点は以下があります。

 

  • 給料が増える
  • 昇級するのに必要
  • 上司などにうるさく言われない
  • 年齢が若ければ面接で評価してくれる企業もある

 

一つずつ説明します。

 

 

給料が増える

 

IT企業であれば給料が増えることが多いです。

 

資格手当として月1万円~2万円ついたり、一時金として2万円だったり、金額は企業によります。

 

資格を重視している企業ならより評価してくれるはずです。

 

 

昇級するのに必要

 

資格が昇級する条件の企業があります

 

持っていないと絶対に昇級しないというわけではないと思いますが、昇級する条件に資格がある企業の場合、持っていた方が良いです。

 

それに、昇級することで結果的に給料も上がります。

 

 

上司などにうるさく言われない

 

スキル面談などでいちいち上司にうるさく言われませんし、先輩ならまだしも後輩が合格しているといろいろ面倒です。

 

高度試験の場合、難しいので合格していなくても仕方がない部分はありますが、応用情報技術者試験はちょうど良いので立場的にも持っていると便利です。

 

 

年齢が若ければ面接で評価してくれる企業もある

 

企業によるのが前提ですが、年齢が若ければ転職面接で評価してくれる企業は多いです。

 

特に25歳以下だとかなり評価してくれますし、25歳を超えてたとしても20代であれば基本的に評価してくれます。

 

資格取得率をアピールしているような資格取得に力を入れている企業であれば20代でなくても、あるに越したことはないですし、即戦力(職歴)重視を狙っている企業でなければ転職で有利になる可能性もあります。

 

 

応用情報技術者試験に合格できる気がしない場合は?

 

給料や上司などにうるさく言われないために応用情報技術者試験に合格しておいた方が良いですが、合格できる気がしないと思われるかもしれません。

 

応用情報技術者試験に合格できる気がしない場合は、代わりに別の資格にチャレンジしたり、うるさい上司がいない部署に異動します

 

プログラミング言語の試験だったり、データベースの試験だったり、試験にもいろいろあるので別の試験に挑戦するわけです。

 

どうしても応用情報技術者試験でなければいけないなら、うるさい上司がいない部署に異動するなど逃げれば良いだけです。

 

とはいえ、私自身応用情報技術者試験に10回以上不合格な経験がありますが合格することができたので、挑戦し続けていればいつかは合格できます

 

資格を取得しても何も褒美がなかったり、上司がうるさくて嫌な場合、転職すれば良いです。

 

一時金でなく資格手当をつけている企業など様々な企業がありますので、今の企業より条件面が良い企業もあるはずです。

 

もし、転職に不安なら転職のプロである転職エージェントを活用することで転職を成功させる確率を高めることができます。

 

 

転職エージェントを活用しよう!

 

転職活動する上で転職の成功率を高める方法が転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントとは、転職希望者と人材を募集している企業の間にはいってサービスを行う会社です。

 

転職エージェントに登録してプロの専門担当者のサポートを受けることで、転職活動がしやすくなるのは言うまでもありません。

 

転職エージェントを利用するメリット

  • 専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる
  • 転職サイトにはない非公開求人の情報も得られる
  • 日程調整、面接対策、年収交渉、情報量と手厚いサポートを受けられる
  • 費用が無料

 

メリット内で何より、『専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる』というのは、孤独な転職活動者にとって大きな支えとなります。

 

登録は簡単ですし、転職するつもりでいるなら転職の成功率を高めるために利用することをおすすめします。

 

 

転職エージェントに登録するなら?

 

転職エージェントに登録するならおすすめは『パソナキャリア』です。

 

パソナキャリアの特徴

  • 業界トップクラスの実績(求人数5万件以上、転職支援実績25万人)※2018年9月
  • 全業界・全職種を網羅している専任キャリアアドバイザーが在籍
  • 質を重視した転職支援

 

さらにパソナキャリアは、2019年オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」総合1位です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

ITエンジニア、WEBクリエイター専門の転職エージェントであれば『レバテックキャリア』がおすすめです。

 

レバテックキャリアの特徴

  • IT/Web業界に特化している
  • 専門用語はもちろん、最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー
  • 経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートの企業別対策

 

レバテックキャリアは、企業ヒアリングにより求人情報が詳細です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

もし自分一人で転職活動したい場合、転職エージェントでなく転職サイトに登録すれば良いです。

 

転職サイトのおすすめは、全体的なら『リクナビNEXT』、エンジニア向けなら『type(タイプ)』です。

 

登録は以下の公式サイトから可能です(職務経歴書をしっかり登録することでアピールでき効果的です)。

 

 

 

転職するには行動力が大切です。

転職エージェント・転職サイトを活用することで、あなたの転職が成功できるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

転職に悩むあなたへ…自分探しの転職トレーニングサービス!


ポジウィルキャリア

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス。

自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から面接対策までしっかりとトレーニング!

最初のカウンセリングは完全無料!ポジウィルキャリア

 

診断テストで転職力や自分の強みを知る!

転職サイトtypeの転職力診断テスト

typeの転職力診断テストとは、type会員約13万人分の職種別・年齢別経歴データに基づき、『type転職エージェント』のキャリアアドバイザー監修で開発したテストです。

あなたが今転職活動した場合の『予想内定獲得社数』、『予想年収』もわかるのでぜひ受けてみてください。

 

 

リクナビネクストのグッドポイント診断

リクナビネクストのグッドポイント診断とは、適性検査および、回答内容より特性・適性等を分析した結果で、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる本格診断サービスです。

診断に答えることで、18種類の中からあなたの強みが5つ判明します。

 

 

-お金
-,

Copyright© ITサラリーマンの涙 , 2021 All Rights Reserved.