時間外作業

付き合い残業したくない帰りたいけど職場が帰りづらい雰囲気ならどうする?

付き合い残業の職場帰りづらい

 

ツラ井
付き合い残業したくない帰りたい!

 

仕事が終わっても職場のみんなが残って帰りづらい雰囲気の場合、帰りにくくて他人の残業に合わせて仕方がなく残業する『付き合い残業』をする人も多いです。

 

中には、上司や先輩などに『みんな残業してるのにもう帰るの?』とか『空気を読め』、『協調性がない』など言われるひどい職場もあるほどです。

 

このページでは、付き合い残業したくない帰りたい場合についてをお伝えします。
センセー

 

 


スポンサーリンク

付き合い残業したくない帰りたいならどうする?

 

付き合い残業したくない帰りたいならどうするかは、まわりは気にせず帰ることです。

 

もちろん自分の仕事が終わっていることが前提ですが、誰かの仕事を手伝うならまだしも無駄な残業はコスト(人件費)がかかりますし、疲れて非効率的・非生産的だからです。

 

しかも、カラ残業は違法ですし、だからといって本当に仕事しているのに残業代が払われない会社もあって問題です。

 

みんなが残業しているのに自分だけ帰ることで『アイツはすぐ帰る』など嫌なことを何か言われるかもしれませんが、気にせず逆に『まだ仕事終わってないんですか?』など言えるくらい強い精神力が必要です。

 

現に職場・会社によっては残業はスケジュール通りに終わらない・コストがかかってるなど悪い評価をされるところも多いので、勤めている会社にずっといるつもりでないなら慣れない方が良いです。

 

いきなり毎日早く帰ることは難しく周りの目が怖いと思いますので、少しずつ帰る時間を早くしていくのが良いですし、上司などに何か言われるようならその職場はダメなので異動したり転職することをおすすめします。

 

 

職場が帰りづらい雰囲気の場合は?

 

帰りづらいのは後ろめたいという気持ちや、自分だけ先に帰ることによって残っている従業員に悪く思われる・悪口・陰口を言われるかもという不安が大きいです。

 

自分が上司・リーダーであれば率先して帰れば良いですが、そうでない場合、職場が帰りづらい雰囲気ならどうするかは、以下となります。

 

  • 強引に帰る
  • 仕事を手伝う
  • 仲間を探す
  • 上の立場になって環境を変える
  • 職場・部署を異動する
  • 転職する
  • 我慢してつきあい残業を続ける

 

一つずつ、説明します。

 

 

強引に帰る

 

先ほどもお伝えしたように強引に帰ります。

 

ただ、罪悪感をなくし、何事にも動じないメンタルや強気でいくのが大切です。

 

すぐは難しい場合、少しずつ残業時間を減らしていきます。

 

 

仕事を手伝う

 

誰かの仕事が大変であれば手伝って早く帰れるようにします。

 

一人では3時間かかることでも3人でやれば1時間かからないこともありますので、負担を分散する感じです。

 

ただ、仕事内容によっては、いても役に立たない、逆に迷惑をかけることもあるので強引に帰ります。

 

手伝う時はできるだけ早めが良いです。

 

 

仲間を探す

 

『みんなで帰ればこわくない』ように仲間を探します。とはいえ、正直難しいと思います。

 

 

上の立場になって環境を変える

 

リーダーなど管理者になって付き合い残業しない環境にします。

 

時間がかかるのが欠点です。

 

 

職場・部署を異動する

 

プロジェクト・職場を異動することでリーダーが違うので、付き合い残業がなくなる可能性があります。

 

もし、会社自体が付き合い残業する方針であれば、早めに転職した方が良いです。

 

 

転職する

 

付き合い残業がなくなる可能性が高いのが転職して会社を変えることです。

 

勤めている会社に今後ずっと働くつもりでいるなら良いですが、そうでないならストレスをためない・無駄な時間を過ごさないために、早めに転職することをおすすめします。

 

 

我慢してつきあい残業を続ける

 

我慢してつきあい残業を続けます。何も変わらないパターンです。

 

ただ、付き合い残業中にだらだらと時間を過ごしてはもったいないので、手伝う仕事がないなら仕事の勉強をしたり、転職活動するための準備をしておいた方が良いです。

 

 

付き合い残業を我慢するか離れるか

 

いろいろお伝えしてきましたが、結局付き合い残業を我慢するか離れるかになるかと思います

 

個人的には、付き合い残業を我慢するにしても早めに職場・部署を異動したり、転職して離れた方が良いです。

 

疲労がたまったり、プライベートの時間が減るストレスなどでやる気が下がり、逆に生産性が下がることだってありますし、何より無駄な時間を過ごすことになるからです。

 

正直、会社に縛られているから拒否したり強気でいけないわけです。

 

いつでも辞める準備ができるように求人情報を見るなどの転職活動をすることで、いつでも辞められるという状況をつくっておけば気持ちに余裕ができます

 

転職して付き合い残業がなくなりプライベート時間が増えるなど、結局どうするかは自分次第です。

 

それに転職に不安がある場合でも、転職のプロである転職エージェントを活用する方法もあります

 

 

転職エージェントを活用しよう!

 

転職活動する上で転職の成功率を高める方法が転職エージェントを活用することです。

 

転職エージェントとは、転職希望者と人材を募集している企業の間にはいってサービスを行う会社です。

 

転職エージェントに登録してプロの専門担当者のサポートを受けることで、転職活動がしやすくなるのは言うまでもありません。

 

転職エージェントを利用するメリット

  • 専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる
  • 転職サイトにはない非公開求人の情報も得られる
  • 日程調整、面接対策、年収交渉、情報量と手厚いサポートを受けられる
  • 費用が無料

 

メリット内で何より、『専任のキャリアアドバイザーに転職相談できる』というのは、孤独な転職活動者にとって大きな支えとなります。

 

登録は簡単ですし、転職するつもりでいるなら転職の成功率を高めるために利用することをおすすめします。

 

 

転職エージェントに登録するなら?

 

転職エージェントに登録するならおすすめは『パソナキャリア』です。

 

パソナキャリアの特徴

  • 業界トップクラスの実績(求人数5万件以上、転職支援実績25万人)※2018年9月
  • 全業界・全職種を網羅している専任キャリアアドバイザーが在籍
  • 質を重視した転職支援

 

さらにパソナキャリアは、2019年オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」総合1位です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

ITエンジニア、WEBクリエイター専門の転職エージェントであれば『レバテックキャリア』がおすすめです。

 

レバテックキャリアの特徴

  • IT/Web業界に特化している
  • 専門用語はもちろん、最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー
  • 経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートの企業別対策

 

レバテックキャリアは、企業ヒアリングにより求人情報が詳細です。

 

以下の公式サイトから登録できます。

▼ 登録はこちらから ▼

 

もし自分一人で転職活動したい場合、転職エージェントでなく転職サイトに登録すれば良いです。

 

転職サイトのおすすめは、全体的なら『リクナビNEXT』、エンジニア向けなら『type(タイプ)』です。

 

登録は以下の公式サイトから可能です(職務経歴書をしっかり登録することでアピールでき効果的です)。

 

 

 

転職するには行動力が大切です。

転職エージェント・転職サイトを活用することで、あなたの転職が成功できるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

転職に悩むあなたへ…自分探しの転職トレーニングサービス!


ポジウィルキャリア

マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス。

自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から面接対策までしっかりとトレーニング!

最初のカウンセリングは完全無料!ポジウィルキャリア

 

診断テストで転職力や自分の強みを知る!

転職サイトtypeの転職力診断テスト

typeの転職力診断テストとは、type会員約13万人分の職種別・年齢別経歴データに基づき、『type転職エージェント』のキャリアアドバイザー監修で開発したテストです。

あなたが今転職活動した場合の『予想内定獲得社数』、『予想年収』もわかるのでぜひ受けてみてください。

 

 

リクナビネクストのグッドポイント診断

リクナビネクストのグッドポイント診断とは、適性検査および、回答内容より特性・適性等を分析した結果で、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる本格診断サービスです。

診断に答えることで、18種類の中からあなたの強みが5つ判明します。

 

 

-時間外作業
-, ,

Copyright© ITサラリーマンの涙 , 2021 All Rights Reserved.